新卒3年目からのマイホーム生活!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

段調光照 住んでみてわかったメリット

f:id:masa_ame:20161126010416p:plain

 
段調光とは
連続、無段階の調光でなく80%点灯→60%点灯など、段階的に行う調光。
とあります。
 
わが家の照明はほとんどダウンライトです。
シーリングライト等を排し、全ての照明をダウンライトにすることで空間を広く見せるのが目的でした。

 

 

f:id:masa_ame:20161126010325p:plain

嫁の希望でダイニングだけはカフェっぽいペンダントライトを設置しました。嫁ナイスセンス。
 
わが家の照明はすべてパナソニック製で、あかるさの調節方法はスイッチをカチカチ連打して
消灯 → 100% → 消灯 → 50% → 消灯 → 1% →消灯 と調整されます。
 
ちなみに基本的には 消灯 ⇔ 100% の切り替えとなっており3秒以内にスイッチを連打した場合のみ光が調節されます。
 
 
 

住む前に想定していたメリット

 
・映画鑑賞のときに雰囲気演出
わが家は映画を年間80タイトルくらい見ます。いい雰囲気で楽しめたらいいなと思って導入しました。
実際いい感じの雰囲気になります。
 
 

 住んでみてわかったメリット

 
・豆電球代わり
ダウンライトには豆電球が無いんです。
誰かが寝ている際に探し物をするときや、誕生日ケーキのローソク点灯のときなど薄暗くしたい時にはとても便利です。
というか段調光にしていなかったらそういったシチュエーションで困ることが多々あったんではないかと思います。
つけててよかった段調光。
 
寝る前に明るいと活発になってしまうので大人はともかく子供には良くないですね。
将来子供が出来たら活用したいと思います。
広告を非表示にする